使用料

施設使用料

【一般利用の場合】

施設区分利用者区分基本料金超過料金
第1射場中学校及び高等学校の生徒300 (240)100 (80)
大学生600 (480)200 (160)
その他1,200 (960)400 (320)
第2射場中学校及び高等学校の生徒220 (170)70 (50)
大学生450 (360)150 (120)
その他900 (720)300 (240)
第3射場ライフル銃のみを使用する者3,3001,100
その他3,7001,230

(単位: 円)

  • 使用料は1人あたりの料金です。
  • 「基本料金」とは、3時間までの使用料をいい、「超過料金」とは、3時間を超えるときにその超える1時間までごとの使用料をいいます。
  • ( )内の料金は、10名以上の団体が利用する場合の料金です。
  • 「団体料金」は第1射場、または第2射場をそれぞれ10射座以上を利用する場合に適用されます。

【専用利用の場合】

施設区分利用者区分9:00〜12:0012:00〜17:009:00〜17:00超過料金
第1射場中学校及び高等学校の生徒5,3008,60013,2001,760
大学生10,60017,20026,5003,530
その他21,20034,40053,0007,060
第2射場中学校及び高等学校の生徒5,0008,12012,5001,660
大学生10,00016,20025,0003,330
その他20,00032,50050,0006,660
第3射場ライフル銃のみを使用する者22,00035,70055,0007,330
その他22,00035,70055,0007,330

(単位: 円)

  • 「専用料金」とは、第1射場、第2射場、または第3射場をそれぞれ一括して利用する場合をいいます。
  • 「超過料金」とは、やむを得ない理由により午前9時前または午後5時後に専用利用をする場合の当該午前9時前または午後5時後の専用利用の1時間までごとの使用料をいいます。
  • 一般利用の予約は出来ません。
  • 団体利用は当日および予約にて承ります。
  • 専用利用は予約でのみ承ります。
  • 予約は利用日の4ヶ月前から1ヶ月前までの間にのみ承ります。

障害者の利用料減免

対象者利用者区分  減免額
①障害者手帳の所持者 ② ①の介助者 個人利用全額
障害者手帳の所持者が半数以上で組織する団体専用利用半額
※障害の程度が1級の場合に限り、障害者一人につき介助者一人が対象となります。 ※令和3年10月1日より適用となります。

附属設備利用料

区分利用者区分使用料
移動標的使用料一般利用1,100/1日
専用利用5,500/半日
11,000円/1日

(単位: 円)

教習射撃

随時開催 大口径は火曜日~金曜日、小口径は火曜日~日曜日

申込み  受講希望日の7日前までに電話などでご連絡下さい。
     「教習資格認定証」をFAXで送信してください。
     TEL 028-689-9715   FAX 028-689-9716
持参品  教習射撃資格認定書、猟銃用火薬類等譲受許可証、教習射撃受講料

教習内容 銃砲の安全な取り扱いについて講習・実射練習。
     20発以上の練習射撃後、20発の検定射撃を実施。

大口径ライフル教習銃

小口径ライフル教習銃

  区分料金
  大口径ライフル31,000円(税込)
小口径ライフル12,000円(税込)
※備付銃、射撃教本、射撃場使用料、標的代等を含む。
※別途、射撃場で販売している実包を購入してください。
※練習・検定合わせて40~50発が必要になります。

装弾販売

ただいま準備中です

受付について